内職は気分転換?

SPONSORED LINK

子持ちの主婦にとって
仕事をすることは
非常に難しい事ではないでしょうか。

先に簡単に
私の実情を説明させていただくと、
一歳五か月の子供が一人。
主人は全国転勤の可能性のある商社マン。

妊娠前に勤めていた商社は、
体育会系の職場で朝は5時起き、
帰りは22時。育休なんて見込めない。
そんなこんなで退職に追い込まれました。

一歳を迎えたころ、
周りのママ友さんの
約半数は職場復帰していきました。

元々仕事は嫌いではなく
むしろ働いていたいタイプでしたので、
非常に羨ましかったです。

ですが、主人には
育児に専念してほしいと言われ、
年数的に主人の転勤もそろそろ…。
何より子供と一緒にいたくて
現在まで専業主婦を続けています。

ですが、自分で稼いだお金
自分のものを買いたい
将来のために少しでも自分で貯金がしたい、
常日頃そう思っておりました。

そこで考えたのが内職。
様々なジャンルの内職
ネットで検索をかけてみましたが
どれも今一つ。

そこでいきついたのが
在宅ワークサイトでした。

嫌々期に入った上、
いまだに夜泣きの酷いわが子を抱えた
自分にはぴったりの内職でした。

時間に追われることもなく、
やりたいときにコツコツ出来ることが、
育児の合間のリフレッシュになっています。

簡単な内容のものしか作業していないので、
大した金額になるわけではないのですが、
始めてみて気分転換って大事なのだな、と思いました。

家事・育児に追われ
余裕のなくなっている主婦の皆様
内職は気分転換としてもおすすめです。

その代り、内職にめったなことがない限り
法外なお給料は見込めないと思いますので、
上手い話に乗って失敗することがないよう
注意が必要かと思います。

 

おまけ

やはりしっかり稼ぐには内職より就職がベストですね。
昔取った杵柄でもう一度、仕事復帰も家の事情が許せばぜひやるべきなのかもしれません。
中には看護師をしていたという人もいるかもしれませんね。
看護師をしていた方むけのサイトも多数あるので紹介しておきます。
色々書いてあって参考になると思いますよ。
充実したナースの転職テクニックを紹介

 

SPONSORED LINK
合わせて読みたい!実経験・体験談3の関連記事
  • category
    実経験・体験談3

    私の仕事は主婦です。 主婦業とゆう言葉がある以上、 主婦も仕事と考えていいですよね。 でも実際にお給料を頂いていないので、 なんだか、怠けているような。 ぐうたら!?とつい考えてしまいます。 結婚当初は働いていました。

  • category
    実経験・体験談3

    ひとむかし前までは、 主婦の内職といえば暗いような、 ネガティブなイメージがありました。 極端にいえば、裸電球の下で 背中を丸めた女性が、 袋貼りをしているような 貧乏なイメージでしょうか。

  • category
    実経験・体験談3

    結婚前に、バリバリと働いていた女性にとって、 専業主婦でいることは、社会との繋がりがなくなって、 社会から取り残されたような気持ちになることも あるのではないでしょうか。 特に子供が産まれると、 外で働くこと自体が難しくなります。